美容と医療から綴る時彩~First-classの美へと軌跡を描きます。


by K.
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

夢見た頃へ回帰 🎶

🎼昨日ご紹介させて頂いたSCRIABINEのETUDEで思い出したコンサートがあります。
鮮烈な『音の映像』は28年経った今でも色褪せる事はない。




HOROWITZの人生は稀有かも知れない…でも私にとっては凄く身近に感じています。
晩年の彼であっても、その時の事は鮮明に覚えている。
 ”亡命するロシア国境で兵士がパスポートを調べた時、震え出した。兵士は私を長い間見続け言った。『祖国を忘れるんじゃないよ!と。』とても感動的だったとHOROWITZは述べています。”


祖国を離れていても何時も彼の心にはロシアがありました。
何十年振りにロシアに戻り、後に彼が述べている様に、この時が彼の”人生のピーク”でした。
このSCHUMANNのOPUS15 NO7 トロイメライを演奏している時のシーンは感動的でした。


もうロシアに還れるのはこれが最初で最後だと彼も聴衆も知っていました。

人生で至福な時間と愛えて幸せでした。
これからも少しでも数多く幸せの時間と愛たいものです💘 綺麗に纏め過ぎ(笑)

by tokerutsuki | 2013-05-20 23:59 | 6 音樂